闇金から借金をして訴えられたときの対処法

闇金被害の中には実際に自分が借りていることの直接的な被害もありますが、自分が親交者として訴えられてしまうこともあります。闇金は振り込みだけで貸付、返済も振り込みです。返済の度に名義が違う口座を指定されることもあります。これは自分たちの名義ではない口座を使うことの必要性と、そのような口座を早々手に入れることができない事情が背景にあります。たとえば返済を行う人がいる時に、金額が同じであれば直接借入を行う人の口座に振り込みさせることができます。それであれば振り込み料金もスマートになりますし、自分たちの存在が明るみに出てしまう危険度も少なく、自由に使える口座の数が少ない時にも有効です。しかしそういったことで知らないうちに自分が利用されていると、自分が闇金の一員であったり、親交者であると判断される危険性があります。被害者の一人が警察や弁護士に相談して解決をはかる時に、自分の名義の名前が出てくればそれを理由に訴えられたということもあり得るのです。それが原因で自分の口座が凍結されたりすることもあります。まず自分も被害者であり、直接的に犯行に加担していたわけではないことを証明しなければなりません。警察に自分自身からの被害届を出し、弁護士といった法律の専門家にいち早く相談することが必要です。